元コンビニ商品開発しっしーのスイーツときどき添加物

元コンビニ商品開発のしっしーが食品ネタ(スイーツ、弁当、添加物)やブラック企業での体験談を書いていきます

MENU

コンビニのおにぎりやお弁当から添加物が無くなる日が来る話

f:id:yuichi44:20170614153021p:plain

どうも、元コンビニ商品開発のしっしーです。
 
コンビニで商品開発をしていた時代はおむすびとお弁当の両方を開発していました。
 

 

みなさんが食べているコンビニ弁当やおにぎりには添加物が大量に含まれています。
ご飯やおかず、おむすびの具材まで全て添加物が染み込んでいます。
こんなことを言うとコンビニで買い物したくなくなるかもしれませんが、コンビニは日々進化していて添加物を減らす努力をしています。
 
そこで今回は、コンビニのおにぎりの具に注目して添加物のお話をしていきたいと思います。
 

コンビニおにぎりの具の添加物が減ってきている?

f:id:yuichi44:20170614153556p:plain

コンビニのおむすびにはご飯と具材には添加物が入っていますが、その具材においてですが添加物がかなり減っていくのではないかと予測しています。
その理由を解説していきたいと思います。

紅鮭ほぐし(鮭フレーク)無添加80g×3

新品価格
¥1,420から
(2017/6/14 15:41時点)

 

添加物を入れる理由

f:id:yuichi44:20170614153712p:plain

なぜ食品に添加物を入れなければいけないのかはみなさんご存知の通り、菌の繁殖を防いだり、日持ちさせるためですよね。
まず添加物を入れなければその日に腐ってしまいます。
コンビニのお弁当やおむすびは製造してから店舗に並ぶまで約1日掛かります。
なので添加物は欠かせないのです。
 

菌がいなければ日持ちは向上する説

そもそも食材自体に菌が全くいなければ、繁殖もしなくて日持ちするのではないかと言う疑問が出てきます。
まさにその通りで菌がいなければ菌は繁殖しにくいですが、限界があるのは現実です。
やはり添加物はなくならないのでしょうか?
 

加熱殺菌や添加物で日持ちさせる以外の方法あるの?

f:id:yuichi44:20170614153844p:plain

最近ですが、新しい技術の情報を仕入れました。
と言うかその企業が公表している情報を見ただけなのですが、画期的だったので紹介します。
簡潔にシステムを説明すると
食品を深海と同じ状況下の圧力をかけて菌を死滅させる方法です。
 
えっ‥加熱殺菌でいいんじゃないんの?
そう思った方もいますよね。
 
しかし、加熱殺菌できない食品がありますよね。
そう、お刺身などの生で食べる食材です。
 
なので今後コンビニでお刺身弁当なるものが出てくる可能性もあります。
多分全然売れずに、すぐになくなりそう。
だから出てないのだと思う。

まとめ

コンビニの食べ物の添加物は少しづつではありますが減ってきていると思います。
コンビニによって差はあるとは思いますが‥
特にセブンイレブンはその努力が素晴らしいですね。
 
みなさんも、コンビニ飯はほどほどにバランスの良い食事を心掛けましょう。
セブンイレブンでは美味しいお弁当の宅配サービスもしているので忙しい人や買い物になかなか出れない人は利用してみてください。

セブン─イレブンのお届けサービス セブンミール