HSPを改善する方法はありません【対処法は環境を変えること】

スポンサーリンク



HSPの人
HSPだと生きづらいなぁ。

少しでも良くなる改善策があれば知りたい。

こういった疑問に答えていきます。

✔︎本記事の内容

・HSPの人は環境を変えることを優先すべし

・HSPの僕が生きやすい環境を作るためにやったこと

・まとめ:辛かったら逃げてOK

本記事を書いている僕は人のことが気になったり、上司の顔色で体調が悪くなったりする人間。
いわゆるHSPという特性を持った人間です。

これが原因で会社が辛くなり3年間で6回の転職してしまいました。
職場の雰囲気が良くても、ちょっとした負の感情を見つけてしまうと落ち込んだりして会社勤めが本当に辛かったです。

そこで今回は HSPを改善したい人向けに記事を書いていきたいと思います。

HSPの人は環境を変えることを優先すべし

結論から申しましてHSPを改善する方法はありません。

なぜならHSPは生まれた時から持っている性質なので、根本的には改善することができないのです。
ある程度は変わるかもですが、敏感で人の感情が気になるのは変わりません。

じゃあどうすれば良いのか?
答えは簡単で自分のいる環境を変えることがHSPの人を生きやすくするたった一つの道です。

 

・会社の上司の顔色が気になる→上司がいない環境を作る

・人が多い職場で疲れてしまう→人が少ない職場に転職する

シンプルですが、これは全てだと思っています。

少し具体的に解説していきますね。

生きづらさを感じた時に環境を変える方法

職場の環境を変えてみる【できる範囲で】

会社員の人ならデスク周りに自分の好きな植物やグッズを置くだけでもリラックス効果があります。
また、周りの人が気にならないように、少し壁になるものを置いてもいいかもしれません。

落ち着ける(1人になれる)場所を見つける

会社などで辛くなったり、しんどくなったりした時は落ちるける場所を見つけておくと良いです。
HSPの人は1人になれる場所が必要不可欠。

僕の場合は、少し長めにトイレの個室に行って深呼吸をしたりしてゆっくりしていました。

転職をする

人生において仕事が占める割合はとても大きいです。
その仕事が辛かったら自分が働きやすい環境を探すべきだと思います。

実は人生って嫌なことをやるほど長くないので、自分が生きやすい場所を探すのは当たり前のことです。
実際に僕の場合は、6回も転職してやっとストレスフリーな仕事に就けたので、環境を変えるのはアリですね。

HSPの僕が環境を変えるためにやったこと

結論から申しまして僕は会社員を辞めました。
どんな職場でもやはり人が気になって仕方がないので、会社員をしないという選択肢を選んだのです。

じゃあ何をやっているのか?
現在は在宅できるWEBライターという仕事をしています。

クラウドソーシングというWEB上で仕事を受注できるサイトを利用して、文章などを書く仕事をしています。
クライアントさんとはメールのやりとりのみなので、ちょっと落ち込んでもコーヒーを飲んだり、ベッドに横になったりして持ち直すことができます。

初心者でも3ヶ月くらいあれば生活できるようになるので、副業などから試してみるのもありです。

✔︎副業にも使えるクラウドソーシングサイト

Lancers(ランサーズ) ※国内最大級のクラウドソーシングサービス。ライティング案件など豊富な案件が揃う。

CrowdWorks(クラウドワークス) ※会員数100万人超えのサービス。データ入力からロゴ作成まで初心者から始められる仕事が多数。

まとめ:辛かったら逃げてOK

辛かったら環境を変えるために逃げるのはありですよ。
自分の人生なんで、どうやったら生きやすくなるのか考える時間をとってみてください。

転職するにしろ職歴が傷つくにしろ、うつ病とかになったら終わりですからね。
積極的に環境を変えていきましょう!

というわけで今回は以上。
HSPに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です