【2018年版】人気のおすすめ焼酎25選〜初心者にも飲みやすい銘柄多数

スポンサーリンク



\究極の焼酎が飲みたい方向け/
大分の老舗酒造メーカーの逸品。本格麦焼酎【神々(じんじん)】

どうも焼酎大好きな酒ライターのしっしー(@sissy0424)です。

僕はお酒が好きで様々な種類の焼酎を飲んできました。
今回はそんな焼酎のおすすめ銘柄について解説していきたいと思います。

焼酎初心者
焼酎の飲み始めたけど‥どれを選んでいいのかわからない。

種類別におすすめの焼酎を知りたいな。

こういった疑問に答えています。

✔︎本記事の内容

・初心者におすすめの焼酎の紹介(原料別)

この記事を書いている僕は、大学生の時から焼酎を飲み始めましてお酒にハマってしまいました。

さらには飲食店で働いてお酒を勉強したり、さらにはお酒のライターにまでなってしまうほどお酒好きです。
というわけで、僕がおすすめする焼酎を種類別に紹介していきたいと思います。

初心者に飲みやすい銘柄をメインに紹介していきますので、詳しい方には少し物足りないかもしれません。

想定読者:焼酎を飲み始めた(はじめてみたい)初心者

芋焼酎のおすすめ銘柄

赤霧島(霧島酒造)

赤霧島は霧島酒造が製造する人気の本格焼酎です。
「黒霧島」や「白霧島」も有名ですが、この赤霧島は口当たりがまろやかで初心者におすすめできます。

香りは芳醇でフルーティ、そして飲み口はスッキリしているのでどんなシーンにも飲むことができます。

昔はプレミアでしたが、最近は気軽に購入できるようになりましたので買ってみてはいかかでしょうか?

茜霧島(霧島酒造)

茜霧島は霧島酒造が製造する初心者にも飲みやすい芋焼酎です。
「香りを楽しむ」というコンセプトで造られたこちらの商品は、フルーティでどこか南国を思い出させるような香り。

原料は「タマアカネ」というオレンジ色をしたさつま芋が使用されています。
フルーティでスッキリとした味わいが特徴なので、魚料理やさっぱりとした和食にぴったりです。

魔王(白玉醸造)

魔王は白玉醸造で造られているプレミアム焼酎の1つです。
プレミアム焼酎は入手困難で、よく居酒屋などに「魔王入荷しました」と見かけることがあります。

それだけプレミアなので居酒屋で飲むと1杯1000円ぐらいしますが、個人で購入して家飲みをすれば安く済みますよ。

飲み口はスッキリとしててフルーティで飲みやすいと評判です。

一刻者(宝酒造)

宝酒造が製造している一刻者は気軽に飲みたいときにおすすめの芋焼酎です。
価格も安く手に入りやすいので、芋焼酎の入門としては最適な商品と言えます。

芋100%で造られているのでクセもなく、軽やかでスッキリとしているのでスイスイと飲めてしまいます。

赤兎馬(濱田酒造)

 

桜本でも人気の芋焼酎「赤兎馬(せきとば)」の限定酒「玉茜(たまあかね)」が初めての入荷です! 華やかで甘い香りと、旨味をぜひお楽しみください! ・ ・ ■薩州 赤兎馬 玉茜 □鹿児島県 濱田酒造 □25度 芋焼酎 □原料芋:タマアカネ、黄金千貫 □720ml:¥1,577 (税込) □1.8L:¥3,002 (税込) ・ 華やかでクリアな味わいの「赤兎馬」に、鮮やかなオレンジ色をした芋「玉茜」で造った焼酎をブレンド。華やかな香りと旨味が絶妙に調和した味わいの芋焼酎に仕上がりました! ・ ・ STAFF真貴子 #焼酎 #shocyu #日本酒 #赤兎馬 #赤兎馬玉茜 #濱田酒造 #濱田酒造桜本商店 #桜本商店濱田酒造 #芋焼酎 #タマアカネ #玉茜 #桜本商店 #さくらもと商店 #酒屋 #中島公園 #札幌 #札幌酒屋 #instasake #sakelover #japanesesake #日本酒好き

桜本商店さん(@sakuramoto_shop)がシェアした投稿 –

濱田酒造が造る赤兎馬は僕が大学生時代に最もお世話になった芋焼酎と言っても過言ではありません。

黄金千貫というさつま芋を丁寧に選別して、鹿児島県の火山灰土の地下数百メートルから湧き出た天然水を使用するほどこだわっています。

おすすめの飲み方はロックに少しゆず果汁を絞ってちびちび飲むのが最強だと思います。
大学時代はこの飲み方で飲み倒してました。マジでうまいので試してみてください。

麦焼酎のおすすめ銘柄

いいちこ 日田全麹(三和酒類)

あなたも一度はテレビCMで見たことある「いいちこ」は三和酒類を代表する芋焼酎です。

特徴としては大麦麹だけで造られた焼酎ということで、今までにない深い旨味を感じることができます。

飲み方によって味わいが違うのでロックだけでなくお湯割りや水割りでも試してみると新しい発見がありますよ。

二階堂 吉四六(きっちょむ)壷(二階堂酒造)

 

#吉四六 #ボトル #GOHAN

とみきさん(@tmk.kidd)がシェアした投稿 –

二階堂酒造の芋焼酎の1つであるこちらは、レギュラー商品である「二階堂」をさらに熟成させた高級焼酎になります。

しかも驚くのが壺の方で、800年の歴史を持つ窯元の職人が1つ1つ手作りをしているということです。

芳醇な香りとまろやかな口当たりで、焼酎に慣れてきたご褒美に買ってみるのもいいかもしれません。

佐藤(佐藤酒造)

佐藤酒造の力作と言っても過言ではない麦焼酎「佐藤」は霧島のさつま芋を厳選し、霧島の湧き水から造られたプレミア焼酎です。
焼酎独特の匂いも抑えられ、すっきりとした味わいは焼酎初心者にもおすすめできます。

「佐藤」には「白麹仕込み」と「黒麹仕込み」の二種類があります。
「白麹仕込み」はまろやかな味わいを残しつつ、芳醇な香りが鼻を抜けて女性にも人気の焼酎です。

「黒麹仕込み」は焼酎のしっかりとした旨味を残し、重厚な口当たりが特徴。
初心者よりも通好みの人がおすすめする商品です。

中々(黒木本店)

黒木本店が手がける「中々」はあの有名な「百年の孤独」の原酒として知られる焼酎です。
2条大麦と麦麹を使用して造られるため、香ばしさが際立ちながらも甘みもあります。

おすすめはロックかストレートで本来の味を楽しんでください。
また、冬にはお湯わりで飲むと香ばしさが鼻を抜けて、一味違った味わいを醸し出します。

百年の孤独(黒木本店)

黒木本店の珠玉の一品「百年の孤独」はウイスキーになれなかった焼酎として語り継がれています。
理由としては、樫樽で仕込むためほんのりオークの香りが滲みウイスキーに近い味や香りがするからです。

希少性も高く、入手が困難な焼酎としても知られており、「皇太子が飲まれる焼酎」としてもメディアで取り上げられたほどです。

黒糖焼酎のおすすめ銘柄

喜界島(喜界島黒糖株式会社)

喜界島株式会社の「喜界島」は黒糖焼酎のファンから根強い人気があり、日本でも珍しい焼酎として人気があります。
鹿児島県の奄美大島群島からなる島々の蔵元でしか製造を許可されていない希少性が高い焼酎。

熟成が進んでいるため喉越しはまったりとまろやかで、ほんのり甘みがあるのが特徴です。
黒糖焼酎初心者にまず飲んでもらいたい焼酎の一つと言えます。

太古の黒うさぎ(弥生焼酎醸造所)

 

#奄美大島#弥生焼酎醸造所#黒糖焼酎#太古の黒うさぎ #出会い久々

萩原 守さん(@hagimamo)がシェアした投稿 –

弥生焼酎醸造所の「太古の黒うさぎ」は可愛らしいパッケージが人気で、焼酎には珍しい印象を抱きます。
奄美大島で造られるこの焼酎はバナナやメロンを思わせるトロピカルな味わいで、女性からも人気です。

また、樫樽で熟成させるため黄金色に輝いているこちらの焼酎はどこか複雑で、繊細な味わいもあります。
あまりにもスイスイ飲めてしまうので、注意が必要なくらい美味しい黒糖焼酎です。

じょうご(奄美大島酒造)

奄美大島酒造から造られる「じょうご」は黒糖焼酎初心者にオススメしたい焼酎の一つです。
奄美の黒糖を100%使用し、9年連続モンドセレクション金賞を獲得するほどこだわり抜いた商品です。

フルーティーでさっぱりとした甘みがあります。
オススメの飲み方はロック、オレンジ割りなどでトロピカルな雰囲気を味わってみてください。

竜宮(富田酒造場)

富田酒造場が造る「竜宮」は、国産米のみにこだわった黒麹を使用するほどのこだわり。
希少価値が高くなかなか手に入りにくい商品です。

ほのかな甘みと芳醇な香りが特徴ですが、後味はキリッとしていて飲みやすい。

れんと(開運酒造)

開運酒造が造る「れんと」は奄美大島の宇検村で製造されています。
クラシックを聴いて熟成させ、微細な振動を与えることで長期熟成したのと同じ効果がでるそうです。

奄美大島で一番高い「湯湾山」から湧き出る水を使用したこちらの商品は、口当たりが良くさっぱりとした味わいは初心者から上級者まで人気があります。

そば焼酎のおすすめ銘柄

那由多の刻(雲海酒造)

雲海酒造から造られるそば焼酎「那由多の刻」は厳選したそばを使用し、職人の手によって3年以上熟成されます。
雲海酒造は日本で初めてそばを原材料とした「そば焼酎」を生み出したパイオニアの蔵元です。

長期熟成されたこちらの焼酎は、アルコール独特の刺激が少なく、まろやかな味わいが特徴。
初心者でも飲みやすいので、そば焼酎の入門として飲んでみるのもオススメです。

十割(宝酒造)

 

#そば焼酎 #酒 #焼酎 #焼酎ロック #十割

🍟ポテト太郎🍟さん(@grs.183.akatsuki)がシェアした投稿 –

宝酒造から造られる「十割」はつなぎなどは一切使用せず、そば粉やそば麹だけで造られたこだわりのそば焼酎です。
そのため、そば本来の味わいや香りを楽しむことができます。

オススメの飲み方は、本来の味をダイレクトに感じることができるロックです。
そば焼酎にハマった人は必ず試して欲しい一品。

マヤンの呟き(雲海酒造)

 

出羽鶴/秋田 #そば焼酎 #記録用 #鍋パ #マヤンの呟き 酒造元:雲海酒造 アルコール分:38度

ayaさん(@ayashimakumako)がシェアした投稿 –

雲海酒造が生み出した「マヤンの呟き」は水や貯蔵にこだわったモンドセレクション金賞も受賞した品質が高いそば焼酎です。
アルコール度数は38度と少し高めですが、そばの香り豊かなのでロックで飲むことをオススメします。

クセも少ないので初心者の入門そば焼酎として最適です。

帰山 樽熟成(千曲錦酒造)

千曲錦酒造から造られる「帰山 樽熟成」は樽熟成ならではの芳醇な香りとまろやかさが特徴のそば焼酎です。

オススメの飲み方はお湯割とそば湯割で、冬の寒い季節などにぴったりです。
こたつであったまりながら飲むのみいいですね。

吉兆雲海(雲海酒造)

 

さて、軟骨食べよう。 野菜は十分食べたので、次は軟骨塩焼き。コリコリ食べながらの、そば焼酎『吉兆雲海』でございます。 最近そば焼酎もいいなぁと思って。よく紙パックの『雲海』をソーダ割りにして飲んでます。この『吉兆雲海』はお初。さっき買い物行ったら、目があったので買ってしまった💦ロックでいただいてます。旨い♪ #昼飲み #家飲み #ビール好き #焼酎 #軟骨 #塩焼き #やげん軟骨 #そば焼酎 #そば焼酎雲海 #吉兆雲海 #instabeer#craftbeer #飲兵衛♀ コレも旨いけど前に飲んだそば焼酎『十割』、あれ旨かったな。また買ってこよう。

ルーさん(@tb.rue)がシェアした投稿 –

雲海酒造が造る「吉兆雲海」は伝統的な黒麹、厳選されたそばを使用するほどこだわっています。
また、独自の酵母「日向灘黒潮酵母」を使用し、宮崎の水で丁寧に造られる。

芳醇で甘みがあり、ロックやストレートがオススメの飲み方です。

泡盛のおすすめ銘柄

残波(比嘉酒造)

比嘉酒造から作られる「残波」は焼酎好きなら一度は聞いたことがある泡盛なのではないでしょうか?
ビンのロゴマークは残波岬に打ち寄せる波を表現しており、透明感のある透き通った印象。

泡盛はカクテルにしても美味しいので、泡盛モヒートや泡盛ソルティドックなんかもおすすめです。
泡盛初心者でもスイスイ飲めてしまうので試してみてください。

瑞泉(瑞泉酒造)

瑞泉酒造から造られる「瑞泉」は第20回全国酒類コンクールにでグランプリを獲得。
カメ熟成ならではの芳醇な香りとコクが泡盛好きを唸らせます。

熟成させた泡盛は赤身の肉との相性も良く、特に熟成肉とは最高に合うそうです。
焼肉やステーキなんかと一緒に飲みたい泡盛のひとつです。

久米島の久米仙(久米島の久米仙株式会社)

久米山の久米仙は久米島の2大泡盛のひとつで、県内最大級の生産量をほこります。
自己水源の湧き水から造られる泡盛はクセがなく口当たりもまろやかなので、初心者にも人気があります。

おすすめの飲み方はロックにシークワーサーを少し絞って飲むことです。
さっぱりと飲めるのでぜひ試してみてください。

八重泉(八重泉酒造)

 

お代わりはこれで! #泡盛 #八重泉

クッキー・ブラン・アプリ パパさん(@takio311)がシェアした投稿 –

八重泉は八重山の島々が見下ろせる丘の上で造られる泡盛です。
地下から湧き出たナンガーラ水(神聖な水)を使用し、スッキリとした味わい中に深いコクも感じることができます。

八重泉酒造ではコンピュータ管理により徹底した酒造りが行われており、常に高品質で美味しいお酒を造っています。

菊の露 ブラウン(菊の露酒造)

菊の露は沖縄の居酒屋でよく飲まれる泡盛として多くの人から愛されています。
ロングセラー商品で、沖縄の人なら誰もが知る銘柄です。

独特の甘みとまろやかさがあり、是非ともストレートで飲んでもらいたい一品。
泡盛初心者にも特におすすめできます。

まとめ:焼酎は初心者こそ飲むべき

焼酎をこれから飲んでみようという人、焼酎はちょっと苦手という人も今回紹介した焼酎を是非飲んでみてください。

初心者向けに選びましたので、どれも比較的飲みやすい商品が多いです。
これから始まる焼酎ライフを楽しんでくださいね〜。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です